ロジビズ :月刊ロジスティックビジネス

2002年3月号

WobNio[PDF
  2002年3月号



特集その後の物流ベンチャー

Part1
12
虚業は去り実業が残った 本誌編集部 解説
Part2 ロジスティクス新市場日配品の3PL
14
―― グルメン 澤田幸雄 社長
労働力をJIT納品
 
16
―― グッドウィル・グループ 川上真一郎 社長
米国発・棚卸業代行
 
18
―― エイジス 芦部克生 社長
過剰在庫をネットで仲介
最後の求車求貨システム
 
20
――トラボックス 藤倉泰徳 社長
Part3
軽貨物のラストワンマイル 本誌編集部 解説
 
22
宅配ボックスを発案
―― フルタイムシステム 原幸一郎 社長
 
24
北京近鉄運通運輸有限公司(近鉄エクスプレス)
稲村寿通 董事長

「日系企業の上海シフトに焦点を当てる」
資 料
 
26
一人親方を組織化
―― 軽貨急配 西原克敏 社長
 
28
物流のマクドナルド化
―― ジャパンブリッジ
 山崎隆 社長
 
30
地域密着の3PL
―― エスビーエス
 鎌田正彦 社長
 
32
軽トラの定温物流
―― クールシャトル
 廣田隆二 社長
 
34
自転車メッセンジャー
―― ティーサーブ 
池谷貴行 社長
Part4
 
36
横文字嫌いのアナタのための アングロサクソン経営入門《第12回》
 
38
ベンチャー企業の次のステップ
キャップジェミニ・アーンスト&ヤング 入江仁之 副社長
         特別寄稿
 
56
実践から学んだ日本型在庫管理法(後編)
ライオン 流通機能開発センター 関口寿一 副主席部員
 

42
豊三物流――現場改善
独自開発の「車両カルテ」を武器に/TQCの視点で物流業を変える
 
48
中越通運――共同化
中堅小売り向け一括物流で/通運業者から3PLへ業態転換
 
52
雪印アクセス――拠点政策
合併に伴う物流拠点の統廃合を終え/和日配品の全国物流ネット構築へ
    .
 
 
72
The International Society of Logistics
国際ロジスティクス学会[SOLE]報告
システムエンジニアリング・プロセスでの
ロジスティクスに関する重要考察
 
76

Supply Chain Council
サプライチェーンカウンシル[SCC]報告
第12回 日本におけるSCOR活用のヒント
   日本語版『SCOR入門編』

    SCC日本支部 SCOR普及・啓蒙分科会編

 
68
物流「再」入門「コンサル現場からの教訓」
湯浅和夫 日通総合研究所 常務取締役
 
66
流通戦略の新常識
「装置産業としての小売業 〜仕組みづくりの競争〜」
松原寿一 中央学院大学 講師
 
60
物流企業の値段 《センコー》
北見聡 野村証券金融研究所 運輸担当アナリスト
 
62
Digital Logistics「SCMとITを考察する」
田中純夫 フレームワークス 社長
 
65
佐高信のメディア批評
「雪印事件のお決まりの取材にウンザリ
“会社教”を放任するトップこそ元凶」

佐高信 経済評論家
 
 
80
《物流行政》道路特定財源見直し問題/“小泉案”にユーザーが反発
 
81
《航空》成田空港新滑走路が供用開始へ/関空の二期工事計画に影響も
 
82
《海運》ターミナル・ハンドリング・チャージ問題/船社の値上げ方針に日本荷主が猛反発
 
83
《IT物流》ドコモが“人ナビ”サービスを開始/位置情報の共通プラットフォーム構築
 
84
国土交通省 月例経済報告
日本倉庫協会 普通倉庫21社統計
日本冷蔵倉庫協会 主要12都市受寄物庫腹利用状況
 
 
93
CLIP BOARD
 
95
広告索引
 
94
編集後記
 
87
バックナンバー

PDFバックナンバー

[ メディア批評 ] 雪印事件のお決まりの取材にウンザリ?会社教〞を放任するトップこそ元凶 2002年3月号
『週刊プレイボーイ』が二月一九日号で、 「外務省 vs 雪印」の「舌先頂上対決」をやって いる。「真のウソ上手はどっちだ?」というわ けである。 私もコメントを求められて、 「企業も官僚もウソをつくのが仕事だが、外 務省は大悪で、雪印は中悪」 と判定し、 「ウソつき度合い、ヌケヌケ度合いからする と外務省のほうが上でしょう。多額の公の金 を使ってる点からみても外務省の勝ちです」 と結論づけた。
[ ケース ] 雪印アクセス―― 拠点政策 2002年3月号
不祥事相次ぐ雪印グループの中の数少ない 優良企業。チルド食品卸としてダントツの売 上高6600億円を誇る。93年の5社合併後に進め てきた物流拠点の統廃合にメドが立ち、現在、 次のステップとして和日配品の全国物流網の 整備に乗り出している。
[ ケース ] 雪印アクセス―― 拠点政策 2002年3月号
不祥事相次ぐ雪印グループの中の数少ない 優良企業。チルド食品卸としてダントツの売 上高6600億円を誇る。93年の5社合併後に進め てきた物流拠点の統廃合にメドが立ち、現在、 次のステップとして和日配品の全国物流網の 整備に乗り出している。
[ デジロジ ] SCMとITを考察する 2002年3月号
売上高世界一を達成したウォルマートと経営破綻に陥っ たKマート――米国産業界における企業競争の勝ち負けが 益々、鮮明になってきた。IT分野も例外ではない。従来 の勢力図が大きく塗り替えられようとしている。
[ ケース ] 中越通運―― 共同化 2002年3月号
70年設立の通運業者。98年、中堅クラスの 小売りの物流を肩代わりする共同物流センタ ー「新潟ALC」を立ち上げた。現在、新潟を 中心に店舗展開する食品スーパー、ホームセ ンターの2社の一括物流センターとして機能し ている。全社売上高は約110億円。このうちセ ンター事業収入が35億円を占める。「脱・運送 業」化を着々と進めている。
[ CLIP ] パレット輸送用緩衝材「トラックボード」を開発日本パレットレンタル 2002年3月号
レンタルパレット業界最大手の 日本パレットレンタルはこのほど、 新型のパレット輸送用緩衝剤「ト ラックボード」を開発、販売を開 始した。
[ ケース ] 豊三物流―― 現場改善 2002年3月号
豊田合成の物流子会社、豊三物流にはマネジメン トの仕組みが欠けていた。トヨタ生産方式を担う輸 送業者として質の高いドライバーを擁しながら、強 みを生かし切れていなかった。そんな状況を打破す るため5年前から改善活動を本格化した。「車両カル テ」という独自のツールを導入するとともに、昨年6 月にはISO14001を取得。こうした仕組みを活用する ことで、企業体質を変えることに成功した。
[ SCC報告 ] 日本語版『SCOR入門編』 2002年3月号
SCC日本支部が「SCOR」の日本語版入門書を 作成した。読者をSCCの会員だけに限定した日本企 業向け「虎の巻」だ。本書の概要と、その内容の一部を 本号と次号の二回にわたり紹介する。
[ 物流再入門 ] コンサル現場からの教訓 2002年3月号
長年、物流コンサルタントとして活躍してきた筆者は、 これまでに多くの物流担当者と出会ってきた。彼らが実務 経験から学んだ知恵に感心させられることもあれば、的は ずれな考え方に呆れることもあった。そんないくつかのエ ピソードを紹介する。
[ 新常識 ] 装置産業としての小売業〜仕組みづくりの競争〜 2002年3月号
規制緩和によって大型小売店の競争が、ようやく本格化しよ うとしている。そこでカギを握るのは、店舗(業態)開発、品 揃え、プライベート・ブランド開発の三つの要素だ。装置産業 としての仕組みづくりの競争になる。
[ 値段 ] センコー 2002年3月号
た。しかし、ここ数年は流通業向けサービスを強化。事業ポートフ ォリオの見直しを進めている。有利子負債の圧縮も順調で、財務 体質も改善されている。ただし、事業の絞り込み余地が残っている など課題も少なくない。
[ 特別寄稿 ] 実践から学んだ日本型在庫管理法(後編) 2002年3月号
ムダな在庫が発生してしまう最大の原因は受発注にある。受発注を なくせば在庫も減らすことができる――そんなコンセプトに基づいて、 ライオンは独自の卸向け自動補給システム「IMS(Inventory Management Based Supply)」を開発した。
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 虚業は去り実業が残った 2002年3月号
ITバブルの崩壊は物流分野のベンチャー企業にも少なか らず影響を与えた。その一方で、低迷する景気をむしろ 自らの追い風として、しぶとく成長を続ける物流ベンチャ ーも存在する。新たなロジスティクス市場の創造に挑む彼 らのビジネスモデルを検証する。
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 日配品の3PL――グルメン 2002年3月号
首都圏の地域スーパーを対象に、大手食品 卸が扱ってこなかった和食系のチルド商品(和 日配)の一括物流を提供する食品分野の3P Lを展開。当初は店舗に商品を納入するメー カーを荷主として、その物流を代行する共同物 流業者という位置づけだった。その後、チェー ンストアが相次いで自社専用のセンターを設置 するようになって、顧客の顔ぶれはメーカーか ら小売りにシフトしている。扱い商品も拡大し、 現在は和日配のほか、生鮮品や洋日配も含め た日配品全般をカバーしている。
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 労働力をJIT納品――グッドウィル・グループ 2002年3月号
全国五七万人のフリーター、学生を組織化。 物流現場のスタッフを注文翌日に必要なだけ 供給する。当初は引っ越しや建設現場などのス ポット的な依頼が多かったが、物量の波動に対 応した労働力の調整が可能なことから、物流セ ンター単位の定期的な依頼が増加した。派遣 法の規制緩和を受けて二〇〇〇年にトラック ドライバーの派遣事業にも進出した。
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 米国発・棚卸業代行――エイジス 2002年3月号
小売業の棚卸業務を代行する。全国を直営 三八営業所とフランチャイズ三社で網羅してお り、約二〇〇人の正社員が小売業者への営業 とマネジメント業務を担当。実際の棚卸作業は 約二五〇〇人いる「登録社員」が行う。サー ビスの価格体系は「人時ベース」と「数量ベー ス」の二通りあり、業態や店舗規模によって決 まる。最近では陳列代行サービスなどの新分野 の開拓を進めている。物流倉庫に保管中の製 品の棚卸を依頼されるケースも増えてい
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 過剰在庫をネットで仲介――ラクーン 2002年3月号
「オンライン激安問屋」というマーケットプ レイスで、企業の過剰在庫を転売する業務を 手掛ける。出品メーカーの匿名性を保てること が評価されて、会員数を順調に伸ばしてきた。 メーカー五七〇社と小売業者一万四〇〇〇店 舗が会員として参加。会員間で商談が成立す るとラクーンが手数料を得る仕組み。
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 最後の求貨求車システム――トラボックス 2002年3月号
インターネット上の掲示板に荷主と運送業 者が情報を登録。安く運びたい荷物と、空いて いるトラック車両のマッチングを行う。主な収 入源は、? 参加運送業者が詳細情報を利用する 会費、? バナー広告掲載料、? 決済手数料、 ? ASP事業、? 中古トラック販売の仲介手 数料。
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 軽貨物のラストワンマイル 2002年3月号
物流ベンチャーは“一人親方”やフリーターという流動 的な労働力を荷主企業に提供することで、市場に風穴を 開けた。その後、飛躍的に成長した彼らに対し、既存の 大手業者は全く太刀打ちできないでいる。物流業界の勢 力図は近く塗り替えられることになる。
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 宅配ボックスを発案――フルタイムシステム 2002年3月号
全国五六〇〇棟以上のマンションへの導入実 績を持ち、ほとんどのボックスが管理センター とオンラインで接続している。センターのコン ピューターで入庫と出庫を集中管理することで、 導入マンションの住人から一戸あたり月間二〇 〇〜三〇〇円の管理収入を得ている。主な販 売先はゼネコン、ディベロッパー、設計事務所 など。最近では駅構内に宅配ボックスを設置す るという、新たなビジネスを模索している
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 一人親方を組織化――軽貨急配 2002年3月号
自らはアセットを持たずに軽トラック運送の 個人事業主、いわゆる?一人親方〞たちを組 織化して、全国ネットワークを構築。低料金の 運送サービスを提供している。荷主とは長期請 負契約が基本で、スポット契約は受けない。 収入基盤は二つある。一つは営業スタッフが 荷主企業から受託した物流業務を、軽トラの 個人事業主に斡旋し仲介手数料を得るという ビジネス。個人事業主から徴収する手数料の 割合は、契約期間などによって異なるが、上限 は運賃の二五%に設定している。もう一つは車 両販売事業。自社開発した専用の軽トラを個 人事業主に販売している。開業資金を持たな い個人事業主には同社が信用保証を与えてロ ーンを組む制度を設けている。
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 物流のマクドナルド化――ジャパンブリッジ 2002年3月号
「物流工作」のブランドで東名阪を結ぶ軽ト ラックのネットワークを構築。「大手宅配便会 社よりもはるかに安い料金でサービスを提供す る」ことをモットーに、重さ五〜一〇キロの小 型B to B貨物を中心に扱う。業務のマニュア ル化を進め、セールスドライバーに女性アルバ イト社員を活用している。
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 地域密着の3PL――エスビーエス 2002年3月号
「宅急便並の価格で専用便並のサービス」を 売り文句に、軽トラックによる密度の濃い自社 配送網を構築。一都三県の即日配送サービス を開発した。その後、倉庫、メール便、静脈物 流、人材派遣、情報システム開発、コールセン ター、ウェブマーケティングなど、機能別のグ ループ企業を次々に設立。営業エリアを首都 圏に絞って広範囲なアウトソーシングを請け負 う地域密着の3PLを展開している。
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 軽トラの定温物流――クールシャトル 2002年3月号
軽トラの一人親方たちに仕事を与え、運賃 の二〇%を手数料として徴収する。自社は営 業に特化しており、車両はほとんど持っていな い。これまでチルド、冷凍商品の緊急輸送とい うニッチな市場を攻めてきたが、最近では定期 便の開拓にも力を注いでいる。今年は宅配便 市場にも進出する。
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー 自転車メッセンジャー――ティーサーブ 2002年3月号
東京都心部(千代田区、港区、中央区、渋 谷区)を中心に、企業から出る緊急書類を自 転車で運ぶ。料金は三キロ、一六〇〇円が基 本。主な顧客は広告代理店、PR代理店、外 資系企業など。「メッセンジャー」と呼ばれる 一四〇人の自転車部隊を、「ディスパッチャー」 と呼ぶ運行管理者が二〇人を一チームとして 管理している。単にA地点からB地点に荷物 を運ぶだけでなく、複数のメッセンジャーによ る引き継ぎ配送などを行うことで生産性を高め てきた。目下の最大のライバルはバイク便。
[ 特集 ] その後の物流ベンチャー ベンチャー企業の次のステップ 2002年3月号
ITバブルの崩壊を生き残ったベンチャー企業は株式の公 開で調達した資金を物流子会社の買収に充てようとして いる。買収された物流子会社は組織の「トランスフォーメ ーション」を経て、サプライチェーン統合の経済モデルに 適応したモデルに組み替えられる。
[EDIT]