ロジビズ :月刊ロジスティックビジネス

2012年3月号

    2012年3月号
     
   
   
特集 物流大手のアジア大作戦

16

 

【解説】台頭するアジア勢が欧米列強に挑む
 グローバル物流市場の中心地が欧米からアジアにシフトしている。これに伴い中心的プレーヤーの顔触れも変わってきた。欧米のインテグレーターや大手フォワーダーを向こうに回し、オーストラリア、韓国、中国などの新興勢力が台頭。日本の大手もアジア展開を加速させている。乱戦を勝ち抜くのは誰か。

主要物流企業 海外売上ランキング

(海外売上高/海外売上高比率の推移)


20  

【第1部】 目指せアジアの物流メジャー

郵船ロジスティクス
──世界で戦う規模とリソースを確保
郵船ロジスティクス 村上章二 取締役常務執行役員

 欧米のグローバルプレーヤーと互角に戦うために1兆円企業を目指している。郵船航空サービスと日本郵船が「NYKロジスティクス」のブランド名で展開していた物流事業を統合し、総合化路線を突き進む。グループ内にキャリア機能を持つことに縛られず、同時にハードの裏付けを他社との差別化手段として利用する。

 

22

 

山九
──生産現場のDNAで物流事業を展開
山九 藤冨孝 取締役常務執行役員 
ロジスティクス・ソリューション事業本部本部長
 重厚長大メーカーの工場内に深く入り込み、あらゆるアウトソーシングニーズに応えてきた。中国物流では、機工事業から物流事業に展開する従来のアプローチを転換、物流事業を先行させて機工事業に広げようとしている。独自の事業モデルを武器に、他社に真似のできないサービスで事業規模の拡大を目指す。

 

24  

ヤマトホールディングス

──「セールスドライバー」をアジアに移植
ヤマトHD 成井隆太郎 経営戦略担当シニアマネージャー

 2013年度までにアジア約10カ国で宅急便ネットワークを構築する。自社航空貨物機による幹線輸送を武器にするインテグレーターとは対照的に、ラストワンマイルの集配サービスを海外事業でも競争力の核と位置付けている。そのために日本の宅急便と同じ「セールスドライバー」を現地に移植する。

 

26  

DHLジャパン

──BtoBからBtoCに事業領域を拡大
DHLジャパン 山川丈人 社長
 成長のエンジンをアジアと見定め、大規模投資を重ねてきた。欧州の金融危機に直面しても、その方針は変わらない。アジアでインターネット通販のBtoC貨物が増加しているのに対応し、現在、ネットワークのカスタマイズを検討している。


28  

豪トールグループ

──買収攻勢を支える企業再建ノウハウ
フットワークエクスプレス ニール・ポーリントン 社長
 豪トールは1993年の株式公開以降、これまでに100社近くの物流会社を買収し、地元オーストラリアからアジア全域に版図を広げている。日本では2009年にフットワークエクスプレスを完全子会社化。今年3月にはTollブランドにその商号を変更し、老舗の路線会社を国際物流企業に変革する。

 

30  

韓国パントスロジスティクス

──LGグループの圧倒的物量を武器に
パントスジャパン 申東裴蝓ー卍梗碣 />
 韓国LGグループの海外物流をほぼ一手に請け負っている。海上フォワーダーとして世界4位の取扱量を誇り、航空輸送でも仁川空港をハブに年間約180機のチャーター便を飛ばしている。分厚いベースカーゴを武器に韓国系以外の荷主を開拓し、グローバルトップ10入りを目指す。

 

   

【第2部】 注目5カ国の物流市場勢力図

資料:主要物流企業 各国別事業展開

32  

中国

──主戦場は沿岸地区から内陸部へシフト
 上海、北京など沿岸部大都市の荷動きに陰りが見られる一方、内陸部は依然として高成長を続けている。これに伴い日系物流企業の中国物流も、対象エリアが内陸に伸びると同時に、内需向けの販売物流にそのスコープを広げている。従来のニッチ戦略はもう通用しない。

 

34  

タイ

──洪水後も輸出拠点の地位は健在
 大規模洪水の復興特需が発生している。長期間にわたるサプライチェーンの寸断を経験したが、アセアン随一の輸出基地の地位は揺らぎそうにない。日系物流企業各社は今後も物流需要の拡大を見込む。現地の所得水準の向上に伴い、内需関連の物流ニーズも増加している。

 

36  

ベトナム

──チャイナプラスワンの最有力候補
 日系企業の第3次ベトナムブームが起こっている。地理的な条件と政治的安定から“チャイナプラスワン”の最有力候補として注目され、工場の建設ラッシュが続いている。内需拡大と外資に対する販売規制の撤廃により、国内販売市場としても重要性を増している。これに伴い、輸出入、国内の販売物流ともに物流ニーズが拡大している。

 

38  

インドネシア

──内需向け自動車物流から消費財に拡大
 インドネシア経済を牽引する自動車産業は日系メーカーが上位を席巻。今後も増産が見込まれる。これに伴い、日系物流企業の存在感はますます高まっている。足下では食品や消費財分野の日系メーカーの進出によって、小売店や消費者に向けた川下の物流ニーズも生まれている。

 

40  

インド

──日系物流企業の投資ラッシュ始まる
 日系物流企業のインドへの投資ラッシュが始まっている。合弁会社の設立やM&Aによって現地にネットワークと拠点を手に入れ、現地の荷主にまで切り込む。巨大な国内市場を抱えるインドには大きなビジネスチャンスが眠っている。ただし、そこには高い障壁も待ち構えている。

 

  4  
KeyPerson

「内陸を制するものが市場を制す」
日本通運 中村次郎 代表取締役副社長

 売り上げの半分を国際物流で稼ぐという目標に向け、アジアで積極的な投資を続ける。欧州系のメガフォワーダーがライバルだ。彼等が欧州で手掛けてきた複合輸送事業を、アジアでは先んじて展開する。誰もよりも深く広くアジアの内陸部に入り込み、物流の発生源を押さえ込む。

     
 
42
 

ブリヂストン〈組織改革〉

1万4000人余りが所属する大部隊を設立
SCMと商品戦略の統合で全体最適を実現

  46  
三井倉庫〈新サービス〉

中国のネット通販に必要な全機能を提供
現地の小売免許を取得し商社機能も整備

  50  
米チキータ・ブランズ・インターナショナル
〈欧米SCM会議13〉

バナナのグローバルSCMで100年の蓄積
欧州のフルーツ飲料事業ではS&OP活用


     
 
56
 

物流企業の値段
《第74回》
土谷康仁 メリルリンチ日本証券 調査部 シニアアナリスト

ヤマトホールディングス

労務コストの抑制で成長路線復活へ
宅配市場の環境好転も追い風に

 
58
 

海外トレンド報告【News】

《欧米編》 独ヘルマンが北欧の郵便事業者の子会社2社を買収
《中国編》 フェデックスとUPSが中国国内宅配便の認可を申請


  62  
湯浅和夫の物流コンサル道場

《第119回》 〜メーカー物流編 第30回〜

「ロジスティクス導入という点で、

決定的だった成功要因として2つあ

ったように思うんです」

  66  
奥村宏の判断学《第118回》
ダボス会議での議論

  68  
佐高信のメディア批評

たんなる暴力団の排除だけで問題は解決せず
「札つきでない不良」の追及がメディアの役割


  70  
The International Society of Logistics
国際ロジスティクス学会[SOLE]日本支部報告

新幹線「初代のぞみ」の技術革新
高速化の実現と保全・保守の発展

 

  75  
事例で学ぶ現場改善《第110回》
中堅運送会社の営業力強化と後継者選び

日本ロジファクトリー 青木正一 代表

  78  
物流指標を読む《第38回》 日通総合研究所 佐藤信洋

貿易赤字でも日本は簡単に沈まない

  80  

物流行政を斬る《第12回》
国交省が支援物資物流に提言、
内容の高度化と周知を徹底し
より実践的な運用を図るべき

産業能率大学 経営学部 准教授
(財)流通経済研究所 客員研究員 寺嶋正尚

 

     
 

 

 

DATA BANK

 
87
 

●国土交通月例経済(国土交通省)


     
 

 

 

CLIP BOARD

 
54
 

●千葉に外販向け最新規格倉庫が竣工/NTTロジスコ
●省エネマテハン設備導入事例について講演/トーヨーカネツソリューションズ

  86  

●山九が40億円を投じて刷新中の基幹システムで/ユーザーの要望に応える機能を段階的にリリース



90
  主要記事索引
  94   編集後記
 
95
  広告索引

PDFバックナンバー

[ 特集 ] 物流大手のアジア大作戦 2012年3月号
概要はありません
[ 特集 ] 解説 台頭するアジア勢が欧米列強に挑む 2012年3月号
 グローバル物流市場の中心地が欧米からアジアにシフト している。これに伴い中心的プレーヤーの顔触れも変わっ てきた。欧米のインテグレーターや大手フォワーダーを向 こうに回し、オーストラリア、韓国、中国などの新興勢力 が台頭。日本の大手もアジア展開を加速させている。乱戦 を勝ち抜くのは誰か。
[ 特集 ] 第1部 目指せアジアの物流メジャー 郵船ロジスティクス──世界で戦う規模とリソースを確保 郵船ロジスティクス 村上章二 取締役常務執行役員 2012年3月号
 欧米のグローバルプレーヤーと互角に戦うために1兆円企 業を目指している。郵船航空サービスと日本郵船が「NYK ロジスティクス」のブランド名で展開していた物流事業を統 合し、総合化路線を突き進む。グループ内にキャリア機能を 持つことに縛られず、同時にハードの裏付けを他社との差 別化手段として利用する。
[ 特集 ] 第1部 目指せアジアの物流メジャー 山 九──生産現場のDNAで物流事業を展開 山九 藤冨孝 取締役常務執行役員ロジスティクス・ソリューション事業本部本部長 2012年3月号
 重厚長大メーカーの工場内に深く入り込み、あらゆるアウトソー シングニーズに応えてきた。中国物流では、機工事業から物流 事業に展開する従来のアプローチを転換、物流事業を先行させ て機工事業に広げようとしている。独自の事業モデルを武器に、 他社に真似のできないサービスで事業規模の拡大を目指す。
[ 特集 ] 第1部 目指せアジアの物流メジャー ヤマトホールディングス──「サービスドライバー」をアジアに移植 ヤマトHD 成井隆太郎 経営戦略担当シニアマネージャー 2012年3月号
 2013年度までにアジア約10カ国で宅急便ネットワークを構 築する。自社航空貨物機による幹線輸送を武器にするインテ グレーターとは対照的に、ラストワンマイルの集配サービスを 海外事業でも競争力の核と位置付けている。そのために日本 の宅急便と同じ「サービスドライバー」を現地に移植する。
[ 特集 ] 第1部 目指せアジアの物流メジャー DHL ジャパン──BtoBからB to Cに事業領域を拡大 DHLジャパン 山川丈人 社長 2012年3月号
 成長のエンジンをアジアと見定め、大規模投資を 重ねてきた。欧州の金融危機に直面しても、その 方針は変わらない。アジアでインターネット通販の BtoC貨物が増加しているのに対応し、現在、ネッ トワークのカスタマイズを検討している。
[ 特集 ] 第1部 目指せアジアの物流メジャー 豪トールグループ──買収攻勢を支える企業再建ノウハウ フットワークエクスプレス ニール・ポーリントン 社長 2012年3月号
 豪トールは1993年の株式公開以降、これまでに100社近 くの物流会社を買収し、地元オーストラリアからアジア全域 に版図を広げている。日本では2009年にフットワークエクス プレスを完全子会社化。今年3月にはTollブランドにその商 号を変更し、老舗の路線会社を国際物流企業に変革する。
[ 特集 ] 第1部 目指せアジアの物流メジャー 韓国パントスロジスティクス──LG グループの圧倒的物量を武器に パントスジャパン 申東Αー卍 2012年3月号
 韓国LGグループの海外物流をほぼ一手に請け負って いる。海上フォワーダーとして世界4位の取扱量を誇り、 航空輸送でも仁川空港をハブに年間約180機のチャーター 便を飛ばしている。分厚いベースカーゴを武器に韓国系 以外の荷主を開拓し、グローバルトップ10入りを目指す。
[ 特集 ] 第2部 注目5カ国の物流市場勢力図 中 国──主戦場は沿岸地区から内陸部へシフト 2012年3月号
 上海、北京など沿岸部大都市の荷動きに陰りが見られる一 方、内陸部は依然として高成長を続けている。これに伴い日 系物流企業の中国物流も、対象エリアが内陸に伸びると同時 に、内需向けの販売物流にそのスコープを広げている。従来 のニッチ戦略はもう通用しない。 
[ 特集 ] 第2部 注目5カ国の物流市場勢力図 タ イ──洪水後も輸出拠点の地位は健在 2012年3月号
 大規模洪水の復興特需が発生している。長期間にわたるサ プライチェーンの寸断を経験したが、アセアン随一の輸出基 地の地位は揺らぎそうにない。日系物流企業各社は今後も物 流需要の拡大を見込む。現地の所得水準の向上に伴い、内需 関連の物流ニーズも増加している。 
[ 特集 ] 第2部 注目5カ国の物流市場勢力図 ベトナム──チャイナプラスワンの最有力候補 2012年3月号
 日系企業の第3 次ベトナムブームが起こっている。地理的 な条件と政治的安定から“チャイナプラスワン”の最有力候 補として注目され、工場の建設ラッシュが続いている。内需 拡大と外資に対する販売規制の撤廃により、国内販売市場と しても重要性を増している。これに伴い、輸出入、国内の販 売物流ともに物流ニーズが拡大している。
[ 特集 ] 第2部 注目5カ国の物流市場勢力図 インドネシア──内需向け自動車物流から消費財に拡大 2012年3月号
 インドネシア経済を牽引する自動車産業は日系メーカーが 上位を席巻。今後も増産が見込まれる。これに伴い、日系物 流企業の存在感はますます高まっている。足下では食品や消 費財分野の日系メーカーの進出によって、小売店や消費者に 向けた川下の物流ニーズも生まれている。
[ 特集 ] 第2部 注目5カ国の物流市場勢力図 インド──日系物流企業の投資ラッシュ始まる 2012年3月号
 日系物流企業のインドへの投資ラッシュが始まっている。 合弁会社の設立やM&A によって現地にネットワークと拠点を 手に入れ、現地の荷主にまで切り込む。巨大な国内市場を抱 えるインドには大きなビジネスチャンスが眠っている。ただし、 そこには高い障壁も待ち構えている。
[ keyperson ] 「内陸を制するものが市場を制す」 日本通運 中村次郎 代表取締役副社長 2012年3月号
 売り上げの半分を国際物流で稼ぐという目標に向け、アジアで 積極的な投資を続ける。欧州系のメガフォワーダーがライバルだ。 彼等が欧州で手掛けてきた複合輸送事業を、アジアでは先んじて 展開する。誰もよりも深く広くアジアの内陸部に入り込み、物流 の発生源を押さえ込む。
[ ケース ] ブリヂストン 組織改革 1万4000人余りが所属する大部隊を設立SCMと商品戦略の統合で全体最適を実現 2012年3月号
 グローバルサプライチェーンの統合を目指し 「GLC(Global Logistics Center)」を2006年に 発足させた。調達・物流業務に加え、商品戦略部 門までGLCの傘下に置くことで部門間の調整業務 を排除。意思決定を迅速化し、事業環境の変化に 即応できる柔軟性を獲得した。
[ ケース ] 三井倉庫 新サービス 中国のネット通販に必要な全機能を提供現地の小売免許を取得し商社機能も整備 2012年3月号
 中国のネット通販事業に必要な機能をフルラインで 提供するサービスを昨年夏に開始した。物流だけでな く、日本から商品を輸入して中国のショッピングサイ トで販売し決済するまでの商流も代行する。ネット通 販に必要な小売業ライセンスを傘下の企業を通して取 得し、商社機能も自前で用意した。
[ ケース ] 米チキータ・ブランズ・インターナショナル 欧米SCM会議 バナナのグローバルSCMで100年の蓄積欧州のフルーツ飲料事業ではS&OP活用 2012年3月号
 バナナの生産と卸売を主業とする米食品大手の チキータ・ブランズ・インターナショナルは、2006 年に欧州でフルーツ飲料事業を立ち上げた。そこで はバナナとはまったく異なるサプライチェーンを組 み立てる必要があった。同社と仏食品大手のダノン が2010年に合弁で設立したダノン・チキータ・フ ルーツ社でSCMを担当するシャーロット・ノリガッ ト氏が、その取り組みを語る。
[ 値段 ] 第74回 ヤマトホールディングス 労務コストの抑制で成長路線復活へ宅配市場の環境好転も追い風に 2012年3月号
 人件費抑制策の失敗、宅配市場での価格競 争の激化のために、利益水準はこれまで足踏 み状態が続いていた。しかし、Eコマースの 拡大により、宅配市場は安定的な成長が見込 めるようになっている。労務コストのコントロ ールに成功すれば、再び成長軌道に乗ること ができそうだ。
[ NEWS ] 欧米編 2012年3月号
 ドイツのロジスティクス業者である ヘルマン・ワールドワイド・ロジステ ィクスは、スウェーデンとデンマーク の郵便会社が合併して発足したポス トノード(PostNord)の子会社、H ITスターリンテックスとHITベ ルギーの二社を買収した。これによ り、ヘルマンは欧州中央部の顧客へ のサービス向上を図る。
[ NEWS ] 中国編 2012年3月号
 オランダの航空会社、マーチンエ アーは、広州〜シャルジャ(アラブ首 長国連邦)〜ナイロビ(ケニア)〜 アムステルダム(オランダ)を結ぶ貨 物便を開設したと発表した。週に二 便を運航し、機材はボーイング74 7F型機を使用する。
[ 道場 ] メーカー物流編 ♦ 最終回 「ロジスティクス導入という点で、決定的だった成功要因として二つあったように思うんです」 2012年3月号
 ロジスティクス導入プロジェクトは、 ついに大団円を迎えた。主だったメン バーたちが一堂に会して取り組みを振り 返る。物流の枠組みを超えた大きな改 革を成功に導いたカギはどこにあったの か。何がロジスティクスを機能させるの か。メンバーたちは今や自分の言葉で語 ることができる。
[ 判断学 ] 第118回 ダボス会議での議論 2012年3月号
 世界の政治家や大企業経営者たちが口を揃えて「資本主義の危 機」を訴えるようになり、大恐慌再来説まで囁かれ始めた。危機 に陥った原因はどこにあるのだろうか。
[ メディア批評 ] たんなる暴力団の排除だけで問題は解決せず「札つきでない不良」の追及がメディアの役割 2012年3月号
 太宰治の『斜陽』(新潮文庫)に、こんな 一節がある。  「世間でよいと言われ、尊敬されている人 たちは、みな嘘つきで、にせものなのを、私 は知っているんです。札つきの不良だけが、 私の味方なんです。札つきの不良。私はその 十字架にだけは、かかって死んでもいいと思 っています。万人に非難せられても、それでも、 私は言いかえしてやれるんです。お前たちは、 札のついていないもっと危険な不良じゃないか、 と」
[ SOLE ] 新幹線「初代のぞみ」の技術革新高速化の実現と保全・保守の発展 2012年3月号
 一月のフォーラムでは、「新幹線の 高速化と『初代のぞみ』開発及び新 幹線の保全・保守の概要」について 講演を行った。新幹線は「初代のぞ み」(一九九二年)の開発と実用化によ り、時速三〇〇劼旅眤化を達成し 新たな技術革新の時代に入った。社 会インフラとしての交通機関及び鉄道 会社の事業としては、^汰汗、 信頼性、M便性、げ適性、シ 済性等が求められている。これらの ニーズに応えた新幹線の高速化の状 況、のぞみ開発の経緯や技術、その 保全・保守の概要について述べる。 (木島T&Bコンサルティングオフィ ス 木島研二代表)
[ 現場改善 ] 第110回 中堅運送会社の営業力強化と後継者選び 2012年3月号
 古いスタイルの運送業のまま、創業社長のワンマン経営で 半世紀を生き抜いてきた。しかし、さすがの社長も、引退 の時期が近付いている。社長個人の力に頼らない組織的な 営業力を会社として獲得し、また後継者へのバトンタッチを 進めていく必要があった。
[ 物流指標を読む ] 第39回 貿易赤字でも日本は簡単に沈まない 「貿易統計」財務省「国際収支統計」財務省、日本銀行 2012年3月号
●日本の貿易収支がマイナスに転落 ●所得収支は対前年比19.9%の増加 ●直接投資の伸びが所得黒字に貢献
[ 物流行政を斬る ] 第12回 国交省が支援物資物流に提言、内容の高度化と周知を徹底しより実践的な運用を図るべき 2012年3月号
東日本大震災の教訓を受け、国土交通省が昨年十二月 に「支援物資物流システムの基本的な考え方」を発表した。 そのコンセプトや方向性は評価できる一方、現段階では周 知し切れていないのが実状。さらに、具体的に実践して いくためには内容のさらなる検討も必要だ。関連予算の 確保やその配分、関係省庁との連携など、議論しなけれ ばならないことが山積している。
[ データ ] 国土交通月例経済(国土交通省) 2012年3月号
概要はありません
[ 物流不動産市場レポート ] 特別編 二〇一一年下半期 三大都市圏物流施設マーケット動向分析 シービーアールイー 鈴木公二 シニアコンサルタント 2012年3月号
 シービーアールイーは一月、「ジャパンインダストリアルマーケットビュー2H 2011」を発表 した。空室率は改善傾向が継続し、首都圏は五・二%へ、近畿圏は二・九%へと大幅改善した。 大型優良物件に対する品薄感は強まり、各プレーヤーの物流施設への投資意欲も高まっている。
[ CLIP ] 千葉に外販向け最新規格倉庫が竣工NTTロジスコ 2012年3月号
 3PLのNTTロジスコ(本社: 東京都千代田区、代表取締役社 長:中川雅行)の千葉物流センター 新A棟が、一月二〇日に竣工した。  同センターは京葉道路原木IC (一・五辧法⊆鹽垤眤湾岸線千鳥 町IC(三辧砲剖畧椶靴討い襪 え、京葉線二俣新町駅からも徒歩 五分という好立地にある。
[ CLIP ] 山九が四〇億円を投じて刷新中の基幹システムでユーザーの要望に応える機能を段階的にリリース 2012年3月号
 山九が総額四〇億円を投じて進め ているIT活用の試みが実を結びは じめた。同社は三年前から基幹シス テムの全面刷新に着手。来年三月末 までの開発完了をめざして、システ ム全体のウエブ化や多言語対応、倉庫 管理システムのグローバルでの統一な どを図っている。多言語化について はすでに日本語・英語・中国語に対 応済みで、傾注しているブラジル事 業の展開しだいではポルトガル語バー ジョンもスタートする。
[EDIT]