ロジビズ :月刊ロジスティックビジネス

2011年7月号

    2011年7月号
     
   
   
特集 製配販連携
日本型ECRで取引制度が変わる


14  

【第1部】 製配販40社が協働に向けて集結
 多頻度小ロットかつ短いリードタイム、過剰な日付規制に返品の横行──合理性を欠いた日本特有の商慣習と取引制度の打開に向けて、本格的な協働が始まった。製・配・販の主要プレーヤーが議論を重ね、サプライチェーンの全体最適化に向けた画期的な合意が実現した。


17

 

【第2部】 発起人15社トップのコミットメント

 

22

 

【第3部】 配送WG報告──多頻度小口化にメス
 配送頻度、配送ロットを見直して、多頻度小口化に歯止めをかける。その必要性に異論を唱えるものはもはやいない。しかし、改革の具体化は容易ではない。そこで配送最適化WGでは、取り組みの「基本手順書」を策定し、さらに先行事例を周知することで問題意識とノウハウの共有を図った。


  24  

【第4部】 返品WG報告──1/3ルール見直しへ
 日本は消費者からの返品が比較的少ないと言われる。消費者のマナーが良く、供給側も品質管理に優れているため不良品率が低い。ところが、流通段階では不当な返品が横行している。その実態を初めて本格的に調査した。その結果、食品業界では日付問題が、日雑品では商品の入れ替えプロセスが、返品の主な原因となっていることが明らかになった。


  26  

Interview  流通経済研究所 加藤弘貴 専務理事
「新しいルールを作り合意を図る」
 取引制度改革は小売りのコミットメントがカギになる。国内市場が縮小トレンドに入ったことで、小売りの意識も以前とは変化した。メーカーや卸と合意のできる環境が整っている。まずはサプライチェーンの実態を把握し、現状認識を共有することが第一歩となる。


  28  

【第5部】 日本的商慣行・取引制度の改革に挑む
 サービスレベルを戦略的に引き下げて物流コストを削減し、なおかつサプライチェーン全体のパフォーマンスを維持・向上する。情報システムの高度化や情報共有の進展によって、それが可能になってきた。先進企業は既に動き始めている。

イトーヨーカ堂──改革手法を180度転換
ライフコーポレーション──毎日発注を週5日へ
菱食──「背面発注」でロットを最適化
あらた──ダイカ式「無返品制」の壁
キリンビール──物流メニュープライシング導入
味の素──SCM版「もったいない運動」
資生堂──事前一括発注による工場直送


  36  

【第6部】 離陸した次世代EDI「流通BMS」

  36  

Part1 有力49社が導入宣言書にサイン
 
普及が遅れていた流通BMSに大きな転機が訪れている。流通業界の有力企業49社が経営トップの署名入りで導入宣言を発表した。取引先企業やライバル企業への波及は確実視されている。従来の業界標準であるJCA手順はすでに限界に達している。普及の土台は整った。

 

  40  

Part2 イオンとセブン&アイHDの決断
 
小売り〜卸間のEDIの大部分が現状では電話回線によるJCA手順で行われている。しかし、今後数年のうちにJCA手順の利用には、タイムリミットが訪れる。イオンとセブン&アイHDという小売りの“2強”が全面的なシステムの切り替えを実施するからだ


  42  

Part3 導入効果の実情と標準化への足並み
 
標準化は閾値を超えない限り効果を発揮しない。小売りへの普及が十分に進むまで、卸は既存システムとの二重運用を強いられる。一方、既に情報インフラを確立しているメーカーやコンビニは、新たな標準の登場を素直には歓迎できない。今後も課題は尽きることがない。

 

  6  

KeyPerson「改革できるとすれば今しかない」
川島孝夫 東京海洋大学大学院 特任教授
 食の安定供給という最大の使命を忘れ、輸送手段を陸路だけに依存したことが、震災によるサプライチェーン寸断の最大の原因だった。内航海運に着目し輸送手段の多様化を図る必要がある。コストとリードタイムは維持できる。ただし、日付の逆転禁止がネックになる。この機会にルールの変更を提案すべきだ。


     
  44  

NTTロジスコ〈情報システム〉
クラウド型SaaSで相次ぎ新サービス
ICT駆使した独自スキームで3PL拡大


  48  

メガネトップ〈3PL〉
グループの物流一元化担う新会社設立
商物分離につづき子会社の再編を加速


  52  

物流企業の値段《第69回》
川崎汽船

投資戦略を変更し市況変動への耐性強化
重量物船・オフショア船事業の拡大図る


     
  54  

海外トレンド報告【Report】
欧米SCM会議5
SCMの効果を財務指標で説明するには
エンリコ・キャメリネル 米調査会社セレント社 シニア・アナリスト


  58  

海外トレンド報告【News】
《欧米編》欧州のトラック運賃市況が上昇に転じる
《中国編》アリババが浙江郵政速逓物流と提携


  62  

湯浅和夫の物流コンサル道場 《第111回》 〜メーカー物流編 第22回〜
「うちはどうだ? 社内でさえ厚い壁があるし、情報共有などない。各部署が勝手に動いてる。サプライチェーンどころじゃないだろう?」


  66  

奥村宏の判断学《第110回》
事故の責任を誰が取るのか?


  68  

佐高信のメディア批評
カネの力を前に「自主規制」する各メディア
震災後もマスコミに流れ続ける東電マネー


  70  

ARC Advisory Group レポート
力強く回復する倉庫管理システム

 

  71  

事例で学ぶ現場改善《第102回》
日本ロジファクトリー 青木正一 代表
納品率向上に挑んだ中堅日雑卸

 

  74  

物流指標を読む《第31回》 日通総合研究所 佐藤信洋
国内貨物輸送量は12年連続のマイナスへ

 

  76  

物流行政を斬る《第4回》
寺嶋正尚 産業能率大学 経営学部 准教授
(財)流通経済研究所 客員研究員

震災の影響で関連予算凍結
高速道路料金の無料化より
空港や港湾にこそ投資を


  78  

The International Society of Logistics
国際ロジスティクス学会[SOLE]報告

民間航空機の整備計画策定と実践
耐空性、安全性、信頼性の確保に向けて


     
 

 

 

DATA BANK

 

83

 

●国土交通月例経済(国土交通省)
《調査レポート》物流施設の最新動向と今後の見通し 一五不動産情報サービス


     
 

 

 

CLIP BOARD

 

42

 

ロジスティクス・サポート&パートナーズ/無料・匿名で利用できる運賃診断サービスを開始
●バリューチェーンプロセス協議会が活動開始/「プロセス参照モデル」で業務を可視化


 
88
  主要記事索引
  92   編集後記
 
93
  広告索引

PDFバックナンバー

[ 特集 ] 製配販連携第1部 製配販40社が協働に向けて集結 2011年7月号
 多頻度小ロットかつ短いリードタイム、過剰な日 付規制に返品の横行──合理性を欠いた日本特有 の商慣習と取引制度の打開に向けて、本格的な協 働が始まった。製・配・販の主要プレーヤーが議論 を重ね、サプライチェーンの全体最適化に向けた画 期的な合意が実現した。
[ 特集 ] 第2部 発起人15社トップのコミットメント 2011年7月号
概要はありません
[ 特集 ] 第3部 配送WG報告──多頻度小口化にメス 2011年7月号
 配送頻度、配送ロットを見直して、多頻度小口化に歯止 めをかける。その必要性に異論を唱えるものはもはやいない。 しかし、改革の具体化は容易ではない。そこで配送最適化 WGでは、取り組みの「基本手順書」を策定し、さらに先 行事例を周知することで問題意識とノウハウの共有を図った。
[ 特集 ] 第4部 返品WG報告── 1/3 ルール見直しへ 2011年7月号
 日本は消費者からの返品が比較的少ないと言われる。消 費者のマナーが良く、供給側も品質管理に優れているため不 良品率が低い。ところが、流通段階では不当な返品が横行 している。その実態を初めて本格的に調査した。その結果、 食品業界では日付問題が、日雑品では商品の入れ替えプロ セスが、返品の主な原因となっていることが明らかになった。
[ 特集 ] Interview「新しいルールを作り合意を図る」流通経済研究所 加藤弘貴 専務理事 2011年7月号
 取引制度改革は小売りのコミットメントがカギになる。国 内市場が縮小トレンドに入ったことで、小売りの意識も以前 とは変化した。メーカーや卸と合意のできる環境が整ってい る。まずはサプライチェーンの実態を把握し、現状認識を共 有することが第一歩となる。
[ 特集 ] 第5部 日本的商慣行・取引制度の改革に挑む 2011年7月号
 サービスレベルを戦略的に引き下げて物流コストを 削減し、なおかつサプライチェーン全体のパフォーマ ンスを維持・向上する。情報システムの高度化や情 報共有の進展によって、それが可能になってきた。 先進企業は既に動き始めている。
[ 特集 ] 第6部 離陸した次世代EDI「流通BMS」Part 1有力49社が導入宣言書にサイン 2011年7月号
 普及が遅れていた流通BMS に大きな転機が訪れて いる。流通業界の有力企業49社が経営トップの署名 入りで導入宣言を発表した。取引先企業やライバル 企業への波及は確実視されている。従来の業界標準 であるJCA 手順はすでに限界に達している。普及の 土台は整った。 
[ 特集 ] 第6部 離陸した次世代EDI「流通BMS」Part 2イオンとセブン&アイHDの決断 2011年7月号
 小売り〜卸間のEDIの大部分が現状では電話回線 によるJCA 手順で行われている。しかし、今後数年 のうちにJCA 手順の利用には、タイムリミットが訪 れる。イオンとセブン&アイHDという小売りの“2強” が全面的なシステムの切り替えを実施するからだ。
[ 特集 ] 第6部 離陸した次世代EDI「流通BMS」Part 3導入効果の実情と標準化への足並み 2011年7月号
 標準化は閾値を超えない限り効果を発揮しない。 小売りへの普及が十分に進むまで、卸は既存システ ムとの二重運用を強いられる。一方、既に情報イン フラを確立しているメーカーやコンビニは、新たな標 準の登場を素直には歓迎できない。今後も課題は尽 きることがない。
[ keyperson ] 「改革できるとすれば今しかない」川島孝夫 東京海洋大学大学院 特任教授 2011年7月号
 食の安定供給という最大の使命を忘れ、輸送手段を陸 路だけに依存したことが、震災によるサプライチェーン寸 断の最大の原因だった。内航海運に着目し輸送手段の多 様化を図る必要がある。コストとリードタイムは維持でき る。ただし、日付の逆転禁止がネックになる。この機会 にルールの変更を提案すべきだ。 
[ ケース ] NTTロジスコ 情報システム 2011年7月号
クラウド型SaaSで相次ぎ新サービス ICT駆使した独自スキームで3PL拡大
[ ケース ] メガネトップ 3PL 2011年7月号
物流パートナーを切り替え拠点も移管 荷主自ら現場管理に踏み込みコスト削減
[ 値段 ] 第69回 川崎汽船 2011年7月号
投資戦略を変更し市況変動への耐性強化 重量物船・オフショア船事業の拡大図る
[ 海外Report ] 欧米SCM会議ィ咤達佑慮果を財務指標で説明するにはエンリコ・キャメリネル 米調査会社セレント社 シニア・アナリスト 2011年7月号
 サプライチェーンの指標の改善は企業財務にどう貢献するのか、SC Mマネージャーの多くが十分に説明できないでいる。SCM部門と財務 部門との間に横たわる狢腓な溝瓩鯔笋瓩詆要がある。金融サプラ イチェーンの研究者で二〇〇九年に「サプライチェーンの価値を測る方 法」(Gower社)を上梓した著者が解説する。
[ NEWS ] 欧米編 2011年7月号
 フェデックス傘下の国際宅配企業 であるフェデックス・エクスプレスは、 欧州から中東、インド、アフリカなど の地域で今後、医薬品の取り扱いを 強化していく。
[ NEWS ] 中国編 2011年7月号
 一〜三月の中国の社会物流総額は、 前年同期比一四・二%増の三三兆 六〇〇〇億元(四三六億八〇〇〇万 円)、社会物流総費用は七・九%増 の一兆七〇〇〇億元となった。
[ 道場 ] メーカー物流編 ♦ 第22回「うちはどうだ? 社内でさえ厚い壁があるし、情報共有などない。各部署が勝手に動いてる。サプライチェーンどころじゃないだろう?」 2011年7月号
 東日本大震災でサプライチェーンが 無惨に寸断されたことから、事業継続 計画(BCP)を見直す動きが広がっ ている。大先生のコンサル先メーカー も例外ではなかった。そのおかげでロ ジスティクス導入プロジェクトの若手 メンバー、企画部主任が役員会に駆り 出され、居並ぶ経営陣を相手にSC Mを講義することに。
[ 判断学 ] 第110回 事故の責任を誰が取るのか? 2011年7月号
 福島原発事故問題で、政府は東京電力の存続を許し、その株主と債権 者である銀行の救済を図ろうとしている。事故の責任は不問にされたま ま、すべてのツケが国民に回されることになる。
[ メディア批評 ] カネの力を前に「自主規制」する各メディア震災後もマスコミに流れ続ける東電マネー 2011年7月号
 私は固有名詞を挙げて批判する。そうしな いと、厚顔無恥な人間たちには通じないと思 うからだ。それで今度『原発文化人 50 人斬り』 (毎日新聞社)を出した。文化人だけでなく 政治家等も加えて五〇人としたのだが、原発 についての超A級戦犯の中曽根康弘をはじめ、 特にひどいのは次の一〇人である。中曽根以 外の人間の表題と名前を掲げる。
[ ARC ] 力強く回復する倉庫管理システム 2011年7月号
 WMS( Warehouse Management Systems= 倉庫管理システム)の世界市場は、二〇一〇年 に八%の伸びを見せた。比較的変化の少ない状 況が続いたあと、〇九年に市場が大きく落ち込 んだが、それが反転したわけである。この一〇 年の伸びは、様々な地域と産業における広範囲 な回復によってもたらされた。
[ 現場改善 ] 第102回 納品率向上に挑んだ中堅日雑卸 2011年7月号
 納品率は卸売業の生命線といえる。オペレーションの精度、 商品調達力、情報共有のレベル等々、すべての機能が納品率 に集約されて表れる。納品率の改善には物流の枠内に止まっ た取り組みだけでは不十分だ。難易度の高いテーマに中堅卸 が正面から挑んだ。
[ 物流指標を読む ] 第31回 国内貨物輸送量は12年連続のマイナスへ「2011年度の経済と貨物輸送の見通し」日通総合研究所 2011年7月号
●震災の影響を色濃く受け前年度比4%減 ●消費関連・生産関連が3%台のマイナス ●復興需要の発生時期や規模も不透明
[ 物流行政を斬る ] 第4回震災の影響で関連予算凍結高速道路料金の無料化より空港や港湾にこそ投資を 2011年7月号
 第一次補正予算で多額の復興予算が組まれた。その一 方で、原資捻出のために高速道路料金無料化に関連した予算 が凍結されている。二転三転する政府の方針は評価に値しない が、このタイミングで高速道路無料化の是非を再考すべきだ。
[ SOLE ] 民間航空機の整備計画策定と実践耐空性、安全性、信頼性の確保に向けて 2011年7月号
 五月度のフォーラムでは、JAL エアロ・コンサルティングの小林哲也 専務取締役が「民間航空機の整備計 画策定と実践(民間航空機における 整備方式とその運用方法)」について 講演を行った。民間航空機の整備プ ログラムは航空当局、航空機メーカ ー、航空会社の三者により設定され、 運用開始後も改善が施される。その プロセスの概要を説明いただき、以下 の文章の寄稿もしていただいた。 (企画担当:SOLE日本支部幹事 川上 智)
[ データ ] 国土交通月例経済(国土交通省) 2011年7月号
概要はありません
[ CLIP ] ロジスティクス・サポート&パートナーズ無料・匿名で利用できる運賃診断サービスを開始 2011年7月号
 物流コンサルティング会社のロジ スティクス・サポート&パートナーズ (ロジSP)は、自社運営する物流ポ ータルサイト「物流解決ねっと」に て運賃診断サービスを開始した。利 用者はサイト上の所定の入力フォー ムに必要情報を入力・送信するだけ で、自社で契約しているトラック運 賃が相場に比べ「高い」のか「安い」 のかを診断してもらうことができる。 金澤運輸(http://www.kanazawaunyu. co.jp)が運営する「トラック 運賃無料診断サービス」とのコラボ レーションにより実現した。
[EDIT]