ロジビズ :月刊ロジスティックビジネス

2001年6月号

WobNio[PDF
  2001年6月号



特集消える物流子会社
12
第1部 解説
物流子会社大国の終焉
  第2部 有力物流子会社 トップインタビュー
16
「物流専業者には真似できない」
アルプス物流 草部博光 社長
 
20
「攻めに徹して上場を果たす」
コクヨロジテム 角谷清 社長
 
24
「外販は国際ロジスティクスで稼ぐ」
住電装ロジネット 後藤泰三 社長
 
28
「物流子会社という機能はなくなる」
富士物流 中尾靖博 社長
 
32
「同じ業界の子会社とも手を結ぶ」
リコーロジスティクス 河路鎰夫 社長
    第3部  Case Study ビール業界
 
36
解説 生き残りかけ全国ネット構築
 
38
ビール系物流子会社4社の経営トップが語る
「SCM」「外販拡大」
キリン物流 中田協三 社長
アサヒロジスティクス 飯塚茂 社長
サッポロ流通システム 谷直人 社長
サントリーロジスティクス 中島茂 社長
 
42
第4部  講座 横文字嫌いのアナタのためのアングロサクソン経営入門《第3回》
「物流子会社の処方箋」
入江仁之 キャップジェミニ・アーンスト&ヤング 副社長 VS 本誌編集部
 
46
第5部  調査
「物流子会社の人材情報管理法」
―ヒューマン・スキルズ・インベントリーの調査結果から―
藤森三男 慶應義塾大学名誉 教授 立正大学経営学部 教授
田中信弘 杏林大学社会科学部 助教授
  .
 

50
日本出版販売――ネット物流
ネット通販の物流で書店を支援
“全点在庫化”でリードタイム短縮
 
56
大塚商会――流通加工
メーカーと顧客の業務を肩代わり
リスクまで負うことで直販に対抗
 
60
良品計画――拠点戦略
国内物流拠点の集約後に環境激変
中継デポの新設で再び拠点を分散
 
63
クールシャトル――物流ベンチャー
コンビニ店長から軽トラ業に転身
定温輸送のスポット需要で急成長
 
 
76
The International Society of Logistics
国際ロジスティクス学会[SOLE]報告
第3回「SOLEとロジスティシャン」
 
82

Supply Chain Council
サプライチェーンカウンシル[SCC]報告
第3回「サプライチェーンワールド2001訪問記」

 
71
物流「再」入門「調達物流など存在しない」
湯浅和夫 日通総合研究所 取締役
 
68
Digital Logistics「動かないSCMシステム」
田中純夫 エクゼ 社長
 
74
物流企業の値段 「フェデラルエクスプレス」
北見聡 野村証券金融研究所 アナリスト
 
80
流通戦略の新常識「量販店のPBが売れない理由」
松原寿一 中央学院大学 講師
 
79
佐高信のメディア批評
「NHKに続き『朝日』よ、お前もか!
 安易な無党派礼賛で問題を先送り」

佐高信 経済評論家
 
85
国土交通省 月例経済報告 トラック輸送/鉄道貨物/航空貨物/海上貨物
日本倉庫協会 普通営業倉庫21社統計
日本冷蔵倉庫協会 主要12都市受寄物庫腹利用状況
日本ロジスティクスシステム協会 2000年度業種別物流コスト実態調査
 
 
97
広告索引
 
96
編集後記
 
94
バックナンバー

PDFバックナンバー

[ SCC報告 ] サプライチェーンワールド2001訪問記 2001年6月号
SCCが主催する毎年恒例のカンファレン ス「Supply Chain World-North America ( SCW-NA ) 2001 」が、今年は四月二日〜四 日の三日間、米国ニューオリンズで開催され た。これに合わせてSCC日本支部では視察 ツアーを組み、約三〇人のメンバーが日本か ら参加した。参加者の一人、日本ビジネスク リエイトの筬島久美子コンサルタントが現地 の様子をレポートする。
[ SOLE ] SOLEとロジスティシャン 2001年6月号
このコーナーでも使っているロジスティク ス 学 会 ( S O L E ― The International Society of Logistics )の名称とロゴマークに は、学会メンバーのさまざまな想いが込めら れている。SOLE日本支部創立の立役者と なった日本能率協会の伝田晴久シニア・コン サルタントに、ロゴマークの意味と、これま でのSOLEの取り組みを解説してもらった。
[ ケース ] 日本出版販売――ネット物流 2001年6月号
書店に本がなくても、取次に在庫があれば顧客 への配送リードタイムを劇的に縮められる――。 そう考えた日販は昨年6月、市場に流通している 書籍の大半を保管できる物流センターを稼働した。 既存の書籍流通の常識では実現できなかった“全 点在庫化”の背景には、いまだシェア1%にも満 たないオンライン書店の台頭がある。
[ ケース ] 大塚商会――流通加工 2001年6月号
顧客の指定に合わせてパソコンの仕様を設定す る大塚商会の「CTOサービス」が順調に取扱台 数を伸ばしている。取引先メーカーから半製品を 買い取り、自社で在庫。顧客の注文に合わせて組 み立て、納品している。リコーロジスティクスが 物流パートナーを務めている。
[ ケース ] 良品計画――拠点戦略 2001年6月号
良品計画は12カ所あった国内の物流拠点を4カ 所に集約したことで、それまで7〜8%台で推移 していた売上高物流費比率を5%台に抑えること に成功した。ところが、店舗数の増加や出店形態 の多様化など環境の変化に伴い、再び物流体制の 見直しを迫られることに。4拠点体制を崩して、 神奈川、中京地区にデポを新設。さらに、ネット 通販用の物流センターも立ち上げた。
[ ケース ] クールシャトル――物流ベンチャー 2001年6月号
定温貨物の緊急輸送というニッチな市場で攻勢 をかけている物流ベンチャー「クールシャトル」。 社長の廣田隆二氏はガス会社の営業マン、コンビ ニ店長を経て、物流の世界に飛び込んできた。創 業以来、幾度となく辛酸をなめてきたが、現在で は軽トラ100台でネットワークを構築するまでに 成長を遂げている。
[ データ ] 国土交通省 月例経済報告(2001年4月発表) 2001年6月号
概要はありません
[ デジロジ ] 動かないSCMシステム 2001年6月号
大枚をはたいて最新のSCMシステムを導入したもの の、期待した効果を発揮しない。それどころか全く動 かない。ソフトハウスに文句を付けても「契約にない」 と突っぱねられた。そんな事態に陥らないために、ユ ーザーが最低限知っておくべきこととは何か。
[ メディア批評 ] NHKに続き『朝日』よ、お前もか!安易な無党派礼賛で問題を先送り 2001年6月号
半年も前から、とくにNHKが出演に際し て言ってくることがある。選挙に立つつもり があるかどうか、あるいは、特定候補の推薦 人になることはないかなどである。「公平を 期す」ということなのかもしれないが、これ だと、無色無臭の人物しか出演できないこと になる。政治に関して言えば、それこそ、無 関心な人間しか登場できないことになるだろ う。
[ 再入門 ] 調達物流など存在しない 2001年6月号
販売物流を仕入れる側からみれば調達物流になる――。そん な誤解がまかり通ってきた日本では、これまで本来の意味での 調達物流など存在しなかった。顧客本位の物流サービスに振り 回されないためには、
[ 新常識 ] 量販店のPBが売れない理由 2001年6月号
PBとは本来、小売業者の戦略商品だ。ところがわが国では、 明確な戦略のないままPBに手をつける小売業者が後を絶たない。 その結果、PBが「安かろう悪かろう」の単なる安売り商品と化 している。それでは売れるはずがない。
[ 値段 ] フェデラルエクスプレス 2001年6月号
フェデラルエクスプレス(FedEx )がグローバル化 を加速させている。相次ぐ企業買収で米国内のネット ワークを盤石なものにした同社は、UPSやドイツポ ストを向こうに回し、次にアジア市場の拡大を虎視 眈々と狙っている。大手国際物流業者によるグローバ ル競争の波は当然、日本にも及ぶ。
[ 特集 ] 消える物流子会社 物流子会社大国の終焉 2001年6月号
日本の企業会計が連結決算重視に移行することで、物流子会社はその 役割を失う。今後、物流子会社の再編・淘汰が進むのは必至だ。しかし、 このことは既存の物流専業者の領域拡大を意味するわけではない。親会 社から追いつめられた物流子会社のなかから、全く新しいビジネスモデ ルを持った強い物流業者が誕生する。彼らは従来の特別積み合わせ事業 者に代わり、新時代の物流業界のリーダー役になる。
[ 特集 ] 消える物流子会社 物流専業者には真似できない 2001年6月号
物流子会社の「勝ち組」として、真っ先に挙げられる企業の1つ。 総合電気部品メーカーである親会社の物流をベースに、電気部品業界 の物流プラットフォームを実現させたことで10%もの利益率を誇る優 良企業に成長した。今後は日本型のVMI事業に力を入れるという。
[ 特集 ] 消える物流子会社 攻めに徹して上場を果たす 2001年6月号
全国に5社あったコクヨ物流を統合し、99年10月にコクヨロジテム として再スタートを切った。卸から物流機能を分離するために設置し た全国10カ所のOSLの稼働により、ユーザー向けの物流インフラが 整う。これを活用することにより5年後に外販3割の達成を狙う。(本 誌4月号インタビュー参照)
[ 特集 ] 消える物流子会社 外販は国際ロジスティクスで稼ぐ 2001年6月号
自動車部品メーカーの物流子会社として、組み立てメーカーへのJIT 納品を得意とする。物流子会社としては珍しく、収入の3分の1以上 を国際物流事業で稼いでいる。外販拡大も国際物流をターゲットに置 く。自動車業界で積み上げてきたノウハウによって、物流専業者より も短いリードタイムで確実に届けることができると自負している。
[ 特集 ] 消える物流子会社 物流子会社という機能はなくなる 2001年6月号
物流子会社の淘汰と大再編をにらみ、昨年3月にはJUKIの物流 子会社を買収した。再編後にできると予想しているグループの中心を 担うため、物流子会社の見本となる経営モデルを模索している。メー カー色の強かった給与体系を一新し、物流業者として成果主義を徹底 できる組織への脱皮を目指す。
[ 特集 ] 消える物流子会社 同業界の子会社とも手を結ぶ 2001年6月号
『一貫統合』といった独自の表現ながら、90年代の始めからSCM を実践してきた。環境経営に傾注する親会社をサポートし、リサイク ルなどのサービス事業で収益を得る仕組みも構築しつつある。今年度 中に拠点数を倍増し、法人向け物流プラットフォームの全国展開を完 成する。
[ 特集 ] 消える物流子会社 生き残りかけ全国ネット構築 2001年6月号
ここ数年、ビール系物流子会社の合併・統合劇が相次いだ。連結決 算への移行とSCMが、ビールメーカーを子会社統合に走らせた。従 来の地域別物流網を全国ネットワークに組み替えることで、チェーン 小売業の要請に対応する。同時に今後予想される市場規模の縮小を、 外部荷主の獲得で穴埋めすることで、既存の物流チャネルの維持を図 ろうとしている。
[ 特集 ] 消える物流子会社 物流子会社の処方箋 2001年6月号
既存の物流子会社の大部分は、大量生産・大量消費時代 の「規模の経済性」に基づいたビジネスモデルになっている。 しかし、時代は既に「サプライチェーンの経済性」へと移行 している。物流子会社が生き残るためには、新たな経済性に 適合したビジネスモデルに自らを変革しなくてはならない。
[ 特集 ] 消える物流子会社 物流子会社の人材情報管理法 2001年6月号
物流子会社トップの誰もが人材の高度化・専門化の必要性を主張する。 しかし、それを実現するためにはまず、既存社員のスキルレベルの現状 を正確に把握し、課題を具体化しなければならない。その試みとして、人 材の価値を在庫としてとらえる「ヒューマン・スキルズ・インベントリー」 という手法を使って、ある電機メーカーの物流子会社を分析してみた。
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約